公式ブログ

Official Blog

避難情報、トランクルーム東京、荷物預かり、引越預かり、一時保管、貸倉庫、リフォーム、建て替え

本日、いくらか天候も安定でしょうか?

九州の局地的な豪雨は、何故?と思うくらい悲惨なものかと思います。

未だに避難勧告など続いてる地域は、あります。  →発令された情報

素人の当方でも1000ミリという数字は、かなりの雨量と思います。

降水量1mmはどのくらいの雨量?ですが分かりませんよね。当方も一緒です。

結局降水量1mmはどのくらいの雨なのか?

降水量1mmは、1m×1mの箱に1時間に深さ1.0mm~1.9mmの水が貯まる量だそうです。

降水量1mmは1.0mm~1.9mmまでの範囲をすべて指します。

なので、降水量0mmは0.0mm~0.9mmであるため、降水量0mmでも、しとしとレベルの雨がふる可能性が十分あります。

ちなみにですが、、、、

降水量2mm

完全な雨であり、近くに買い物に行こうとしても、傘を刺さなければいけないレベルです。

スポーツをしている場合、レインコートやグッズを着用しないと気持ち悪いレベルです。

降水量5mm

降水量5mmは、かなり嫌になるくらい強い雨です。

私は外に出たくもないですし、外に出なくてはいけないときは、長靴やレインコートを羽織ってから外にでないと、靴の中に水が入るあの嫌な思いをしてしまいます。

もちろん、趣味のジョギングやキャッチボール、ゴルフをされる方も中止にしておいた方がいいレベルです。

1000ミリとなりすと想像を絶する体感となりそれが降り続けると計り知れません。

現地の方の、安全と復旧を少し手も願っております。

何もできない弊社ですが物資などそのた物流に少しでもお力添え出来ればと思っております。

思ってるだけでしたら誰でも出来ることですので、まずは行動致します。

思うなら動く志を強く考えております。みなさまご安全に、、、

 

あれから8年。。。

おはようございます。
昨日は、3.11~から8年です。 当時も作業を行っておりました。
川崎市から弊社の杉並区まで7時間以上所要しました。
今も復興や復旧は、各地続いてると思います。

東日本大震災を機に、安全対策を見直す家庭や企業が増えたそうで
弊社も安全面や備蓄などいろいろと対策は変えて来ました。
それでも、不備は生じます。
そうした備えは、とても大切なことであり、自分自身の命を守ることにつながります。
また、この日を通過する時は、今後の対策を見直すとても大事な日だと刻んでおります。
そして、それと同じくらい大切なのは「震災の記憶を忘れないこと」だと思います。
託される側から託す側にみなさんも変化すると思います。
『3.11この日を忘れないように』
『4.14』は、熊本地震・気象庁マグニチュード (Mj) 6.5震度7を観測
経験した方にしか伝えられない事です。
大震災での出来事を、次の世代にも語り継いでいくこと…それも、私たちがすべき対策の1つであると思います。

一時保管・一時預かり、トランクルームの事ならお任せ!

お見積もり&お問い合わせはお気軽に!